top of page

静岡の結婚事情、知ってましたか?~データから見る結婚の未来とアイ総合リサーチの役割~

静岡県は、様々な文化や風土を持つ地域として知られています。そのため、結婚や家族に関する実情も、他の地域とは異なる特徴を持っていることが考えられます。今回は、静岡県の結婚に関する実情を詳しく探ってみたいと思います。




静岡の結婚の実情


1. 静岡県の出生数 静岡県の出生数は、令和3年に21,571人となっており、全国で10位の位置にあります。この数字は、静岡県の人口に対する出生率を示しており、県内の結婚や家族形成の状況を反映しています。


2. 市町別合計特殊出生率 令和2年の市町別合計特殊出生率は1.36となっており、全国で28位の位置にあります。この数値は、1人の女性が生涯で産む子供の数を示しており、結婚や出産の意向を反映しています。


3. 静岡県の将来推計人口 静岡県の将来の人口は、令和2年時点で354.1万人となっており、全国で10位の位置にあります。この数値は、現在の結婚や出産の状況が将来の人口にどのように影響するかを示しています。


4. 男女の平均初婚年齢の年次推移 静岡県の男女の平均初婚年齢は、令和3年に夫が30.8歳、妻が29.2歳となっています。この数値は、結婚をする年齢が年々上がっていることを示しており、結婚に対する価値観や生活環境の変化を反映しています。


5. 男女の未婚率の年次推移 静岡県の男性の未婚率は、令和2年に30-34歳で49.0%、女性は25-29歳で59.3%となっています。この数値は、結婚をせずに独身を選ぶ人々の割合を示しており、結婚に対する考え方や生活環境の変化を反映しています。


6. 市町別三世代同居率 静岡県の市町別三世代同居率は、令和2年に22.2%となっており、全国で17位の位置にあります。この数値は、家族の形成や生活環境の特徴を示しており、地域ごとの文化や風土を反映しています。


静岡県の少子化の現状に関する説明資料より抜粋



これらのデータを基に、静岡県の結婚や家族に関する実情を考察すると、結婚や出産の年齢が年々上がっていること、独身を選ぶ人々の割合が増えていることなど、多様な家族の形成や価値観の変化が見られます。また、地域ごとの文化や風土が、家族の形成や生活環境に影響を与えていることも考えられます。


このような背景を踏まえて、結婚や家族に関する調査を提供するアイ総合リサーチは、静岡県の結婚や家族の実情を詳しく把握いたします。


結婚調査の必要性

結婚は人生の大きな決断の一つです。そのため、結婚相手の性格や家庭環境、過去の経歴などを知ることは、結婚生活を円滑に進めるために非常に重要です。

アイ総合リサーチでは、結婚調査を通じて、これらの情報を正確に把握するサポートを行っています。

結婚前に相手の実情を知ることで、将来的なトラブルや誤解を避けることができます。また、静岡県のように結婚の遅延が進む地域では、結婚相手の選び方や結婚の意義について、より深く考える必要があります。


まとめ

静岡県の結婚の実情を鑑みると、結婚に対する考え方や取り組みが変わる時期に来ていると言えるでしょう。

アイ総合リサーチの結婚調査は、結婚を考えるすべての人々にとって、信頼できる情報を提供する重要なサービスとなっています。


Comments


bottom of page