top of page

失踪者探しの成功の秘訣!静岡のアイ総合リサーチが解説する所在調査の方法とは?

更新日:2023年9月16日

「突然、大切な人が姿を消してしまった...」「あの人に一言、伝えたいことがある...」そんな時、心の中に生まれる不安や疑問を解消する手段として、所在調査があります。静岡に根ざした探偵事務所アイ総合リサーチは、そんなあなたの強い味方となります。


所在調査は、失踪者や連絡が取れなくなった人の居場所を突き止める調査です。この調査を行うことで、家族や友人、恋人との再会が叶うこともあります。また、ビジネスの場でも、借金返済が滞っている借り主の居場所を特定することで、トラブル解決の第一歩となります。


行方所在調査について
行方所在調査について


所在調査依頼が可能な例


・家出した家族の所在

家出した家族の所在を調査するケースは多く、特に10代から20代の若者が家出する事例が多いです。例えば、高校生の息子が家庭の問題から家を出てしまい、心配する家族が所在調査を依頼するというケースがあります。調査員はSNSの活動や友人への聞き込みなどを行い、数日後には静岡県内のネットカフェで息子が無事見つかったという事例があります。



・連絡が取れなくなった友人の居場所


大学時代の親友と連絡が取れなくなり、その後の安否が気になるというケースがあります。調査を進めると、その友人が仕事で忙殺されていたため連絡が取れなかったことが判明し、無事に再会を果たすことができたという事例があります。



・借金の返済が滞っている借り主の所在


貸金業者や個人間での貸借において、借り主が返済を滞らせ、連絡が取れなくなるケースもあります。例えば、数百万円の借金返済が滞っている借り主の所在を調査したケースでは、調査員が借り主の勤務先や以前の住所を調査。その結果、借り主が他県に転居して新たな生活を始めていたことが判明し、借り主と貸主との間で返済の合意に至ったという事例があります。



・会社から突如姿を消した社員の所在


企業内で突如として姿を消した社員の所在調査も行われることがあります。例えば、プロジェクトの途中で連絡が取れなくなった社員がいた場合、その社員の安否確認やプロジェクトの進行のために所在調査を依頼することがあります。調査を進めると、社員は過労で倒れ、療養をしていたことが判明したという事例があります。



・遺産相続に関わる関係者の所在


遺産相続の際に、関係者全員の合意が必要となるケースがあります。しかし、長年連絡を取っていなかった親戚や関係者の所在が不明な場合があります。そんな時に所在調査を行い、関係者の所在を特定することで、遺産相続を円滑に進めることが可能となります。例えば、海外に住んでいるとされる親戚の所在を調査し、無事に遺産分割協議を行うことができたという事例があります。



所在調査は自分でも行える


所在調査はプロの調査機関に依頼する以外にも、自身で行うことも可能です。以下に、自身で行う所在調査の方法と具体例を挙げます。


・SNSやインターネットでの情報収集


自身で行う所在調査の一つの方法は、SNSやインターネットでの情報収集です。例えば、失踪した人がよく利用していたSNSアカウントを調べ、最近の投稿やコメントを確認することで、その人の最近の心境や行動パターンを把握することができます。


・共通の知人や友人に聞く


また、共通の知人や友人に聞く方法もあります。例えば、失踪した人が最後に会った人や、最近話していた人に連絡を取り、その人の様子や言動を聞くことで、失踪した人の行方に関する手がかりを得ることが可能です。



・過去の住所や勤務先を訪れて調査


さらに、過去の住所や勤務先を訪れて調査する方法もあります。例えば、失踪した人の前の住所を訪れ、近隣住民や管理人にその人の様子を聞くことで、新たな情報を得ることができます。



これらの方法は、プロの調査機関に依頼する前の初期段階として行える調査方法です。ただし、自身で調査を行う場合には、プライバシーの侵害や法律違反にならないよう注意が必要です。



探偵で行う所在調査


アイ総合リサーチでは、上記の方法に加えて独自のネットワークや技術を活用して、所在調査を行います。


・専門的な技術を用いた情報収集


アイ総合リサーチは、専門的な技術やツールを用いて情報収集を行います。例えば、高度な技術を用いてデータベースやオンライン・オフラインの記録から情報を収集することが可能です。さらに、独自のネットワークを利用して、他の専門家や関係者から情報を得ることができます。



・尾行・張り込み調査


アイ総合リサーチは、尾行や張り込み調査を行うことが可能です。これにより、失踪者の行動パターンを把握しやすくなります。


例えば、失踪者が頻繁に訪れるとされる場所で張り込みを行い、その人が現れるのを待つという方法があります。

また、目撃情報などを基に失踪者の可能性がある人物を尾行し、その人物が失踪者であるかどうかを確認することもあります。



自分で行う所在調査のメリットとデメリット


・メリット


費用がかからない

自身で行う所在調査は、探偵事務所に依頼するよりもコストを抑えることができます。例えば、SNSやインターネットを利用して情報収集を行うことで、特に費用をかけずに調査を進めることが可能です。


自身で情報を得られる

自身で調査を行うことで、第一手の情報を得ることができます。また、調査対象者との関係性を利用して、他人では得られない情報を得ることもあります。例えば、共通の知人や友人から直接情報を得ることができます。


・デメリット


限られた情報しか得られない

自身で行う調査では、プロの探偵がアクセスできるような広範囲な情報源にアクセスすることが難しいです。例えば、公的なデータベースや専門的な情報収集ツールへのアクセスが限られるため、情報収集が困難になる場合があります。


調査に時間がかかる

自身で調査を行う場合、プロの探偵に比べて効率的な調査が行いにくく、時間がかかることがデメリットとして挙げられます。例えば、尾行や張り込みなどの調査は、長年の経験と技術が必要であるため、時間をかけても成功する確率は低いと言わざるをえません。

また、自身で行う調査では、情報収集のために多くの時間を費やす必要があり、それが仕事やプライベートの時間を削ることにつながります。



まとめ


所在調査は、様々な目的で行われる重要な調査です。自身で行う方法もありますが、アイ総合リサーチのようなプロの調査機関に依頼することで、より確実な結果を得ることが可能です。


アイ総合リサーチでは、経験豊富な調査員が確実な調査を行い、お客様のニーズに応えます。ぜひ、アイ総合リサーチに所在調査の依頼をご検討ください。


Comments


bottom of page